不動産セミナー参加費用の税控除

不動産セミナー参加費用の税控除

国税局は近年、不動産セミナーへの出席に関連した経費控除の増加に懸念を示しています。
これらの費用はセミナーの費用だけではなく車や飛行機などでの旅費や宿泊費も含まれています。

不動産セミナーは通常、賃貸不動産への投資とそこからの財産の形成に関連した様々な面に焦点を当て下記のものに関連しています。

  • 賃貸不動産への投資プラン
  • 投資金融業者、不動産業者や開発業者との関わり方の戦略
  • 既存の不動産管理に焦点を当て家賃収入を増やすことで収益を最大化する方法
  • 不動産セミナー参加に関する費用を税控除する際には下記のガイドラインを検討すべきです。

不動産セミナーの費用が控除される場合

不動産セミナー参加に関する費用はそのセミナーが納税者の既存の不動産の管理の仕方(テナントへの広告や適切なテナントの選び方など)や不動産からの家賃収入を最大化する方法(納税者の不動産をテナントにより魅力的にする戦略など)を取り扱う程度において税控除できます。

こういった点で関連セミナーは下記のトピックを含む必要があります。

  • 家賃収入の改善
  • より良いテナントの選び方
  • ひどいテナントから不動産を守る
  • 長くていいテナントへの報い方
  • 正しい管理業者の選び方
  • 管理業者との関わり方
  • 正しい業者の選び方を含む不動産の修理
  • 不動産からの家賃収入を維持し改善することに関する問題

不動産セミナーの費用が控除されない場合

不動産購入する過程での開発業者や不動産業者との関わり方などの将来の不動産所有に関する機会の最大化をセミナーが取り扱っている程度においては税控除できません。

初めての投資家

納税者が既存の不動産投資物件を所有していない場合には国税局はおそらく不動産セミナーへに関する費用の税控除を認めないでしょう。というのもこれらの納税者は既存の不動産投資物件の管理ではなく将来の投資に向けての適切なストラクチャーの構築など将来の不動産投資からの収入を得るためセミナーに参加したとみなされるためである。


ウェルシュ 公認会計事務所 連絡先
電話: +61-2-9413-3860
ファックス: +61-2-9413-3152
brian@bdwelsh.com

オーストラリア、シドニーにおける税務の事なら ウェルシュ 公認会計士事務所 にお任せください。お客様のビジネスを全力でサポートいたします。