Archives

Category Archive for: ‘月次レポート’

月次レポート2017年10月号

パッシブ運用会社への 小規模事業者税率不適用 政府は、小規模事業者に適用される法人税率27.5%はパッシブ運用会社には適用されず、引き続き30%の税率が適用されることを明確化する税法案を発表しました。 この税法修正により、収入の80%以上をパッシブ運用(配当や金利等)から得ている会社は小規模事業者税率不適格となります。 歳入・金融サービス担当大臣は、政府による小規模事業者の法人税率引き下げは事業に対する税率の引き下げを意図したもので、パッシブ運用会社への適用は意図されていないと述べました。

Read More

月次レポート2017年9月号

シングルタッチ・ペイロールの アップデート 2017年7月1日より、少数のデジタルサービス業者とその顧客を対象とした簡易ペイロールシステム、「シングルタッチ・ペイロール」が限定リリースされ、限られた雇用主に一部の機能が提供されています。 Editor: シングルタッチ・ペイロールにより、一部の雇用主は実質的に従業員に対する支払い(または従業員の退職年金拠出金)情報をペイロールソフトを使って「リアルタイム」で報告することを求められるようになります。

Read More

月次レポート2017年7月号

2017/18年度から臨時財政再建税(Temporary Budget Repair Levy)を撤廃 2014年7月1日以降、課税所得180,000ドル超の個人に課された2%の臨時財政再建税が2017年7月1日以降撤廃されることになりました。 2017年6月30日までの期間について、所得が180,000ドルを超える個人には臨時財政再建税とメディケア税を含めると49%の限界税率が課されていました。

Read More

月次レポート 2017年8月号

2017年の業務関連費申告に関するATOの警告 ATOは今期、業務関連費に注目し、精査を厳格化し、その教育への取り組みを強化しています。 副局長キャス・アンダーソンは、以下のように述べました。「過去5年間に、衣類やクリーニング費用の申告額が20%前後増加しています。 増額自体は納税者全員が誤った申告をしていることを示唆するものではありませんが、税務局が注目するべき理由とはなっています。」 アンダーソン副局長は、よくある間違いとして、不適格な衣類の申告、実際に支出が行われていない申告、および申告額の計算根拠が説明できない場合を挙げました。

Read More

2016年-2017年度 個人タックスリターンチェックリスト / 法人税申告チェックリスト

2016年/2017年度 個人タックスリターンチェックリスト   節税対策の常套手段は、当期の税金控除額を増やすことで全体の課税所得を減らす方法です。   <2017会計年度における居住者の個人所得税 税率表>

Read More
Page 1 of 812345»...Last »

オーストラリア、シドニーにおける税務の事なら ウェルシュ 公認会計士事務所 にお任せください。お客様のビジネスを全力でサポートいたします。