ビジネスを始めるには?

法人 & 個人のタックスリターン、監査、SMSF(自己運用年金基金)設立や企業設立など、ウェルシュ公認会計事務所は日本語にてご相談承ります。

オーストラリアの魅力とは

  • 温暖な気候
  • フレンドリーな国民性
  • 多国籍の人種による他文化性
  • 豊富な資源
  • 政治・経済の安定性
  • 整ったインフラストラクチャー
  • 優れた人材が採用しやすい

実際にオーストラリアでビジネスを始めるにあたって一般的に下記の手順で行うことになります。

1

ビジネス形態を決める

オーストラリアで事業をされる場合、個人事業主、パートナーシップ、トラスト、会社、ジョイントベンチャー、支店や代理事業所などがあります。それぞれのメリット・デメリットを考慮したうえで決めてください。

この中でも有限責任や高い信用性などのために最も一般的な会社に関して説明したいと思います。

個人事業主
パートナーシップ
会社
信託(トラスト)
ジョイントベンチャー
支店
代理事業所

2

ビジネスネーム

オーストラリア国内で、個人名、もしくは会社名とは違った名前でビジネスををする場合、ビジネスネームの登録が必要になります。登録料は1年間で$33、3年間で$76となっています。詳細はASIC(オーストラリア証券委員会)を参照ください。

3

株式発行詳細

オーストラリアでは資本金$1から会社を設立することができますが発行株式数、種類、払込金額を決めなければなりません。普通株の発行が最も一般的となっています。

4

株主・取締役・秘書役を決める

会社設立の場合、最低1人の居住者が取締役・秘書役でなければなりませんが株主は特にオーストラリアの居住者である必要はありません。株主・取締役・秘書役それぞれの氏名と住所を登録します。

5

会社およびビジネスの登録所在地

会社登記に関する通知の宛先と実際の営業所在地を登録しなければなりません。宛先は通常、会計士などの住所で登録されます。

6

ABN、ACN、TFNの取得

詳しくはこちらを参照ください →

7

GSTの登録

詳しくはこちらを参照ください →

8

銀行でビジネス口座の開設

オーストラリアには主に主要な銀行4行あります。ほとんどの銀行ではビジネス口座開設にはパスポートやオーストラリアの運転免許証などの写真のあるIDとABNと会社登記書が必要になります。口座の種類にはチェック口座と預金口座があります。オンライン取引もかなり普及してきていますので必要にあったタイプの口座をお選びください。また会社のTFNを通知しなければ46.50%の税金が源泉徴収されてしまいますのでご注意ください。

9

オフィスを借りる

通常オフィスを借りる場合には不動産業者に委託します。ご希望の広さ、立地、価格などを伝えてリストアップしてもらいます。気に入った物件が見つかれば貸主が準備した賃貸契約書を弁護士に確認してもらいサインします。この契約書の確認だけでも$1500前後かかってきます。また保証金として3ヶ月から6か月分の家賃を貸主もしくは銀行へ預けることになります。通常家賃の支払いは月払いで毎年CPI(消費者物価指数)を元に見直しされます。賃貸契約の満了時に延長のオプションもつけることができます。また借主はPUBLIC LIABILITY INSURANCEへの加入が義務付けられています。OUTGOINGが毎月の家賃に含まれている場合と別途支払いが必要になる場合がありますので契約前に必ずご確認ください。

ローカルの不動産会社 例:

  • Domain.com.au
  • Realestate.com.au
日系の不動産会社 例:

  • starts.co.jp/Sydney
  • uematsuproperties.com.au/ja/

10

雇用する

オーストラリアでの人件費は一般的に日本と比較して割高となっております。
雇用形態には正社員、パートタイム、カジュアル、契約社員などがあります。
それぞれの形態によって雇用条件が変わってきますのでニーズにあったものをお選びください。最低賃金などもFAIR WORKによって定められていますのでご確認ください

詳しくはこちらを参照ください →

ご自分で求人広告を作成し求人募集をする際によく使われるサイトは下記のものになります。

  • Seek.com.au
  • Careerone.com.au
  • Jamstv.com.au

日系の人材派遣会社を利用される場合には主に下記のものがございます。

通常、紹介された人材の初年度の給与(年金積立を含む)の10%-15%がコミッションとして支払われる事になります。もし採用した人材が雇用開始後に基準に満たないなどの理由で解雇される場合には一部返金となります。
詳しくはこちらを参照ください →

オーストラリア、シドニーにおける税務の事なら ウェルシュ 公認会計士事務所 にお任せください。お客様のビジネスを全力でサポートいたします。