+61-2-9413-3860 info@bdwelsh.com   |     English     Español
+61-2-9413-3860 info@bdwelsh.com   |     English     Español

大企業クライアント様も当社をご選択下さっている理由は、経験豊富なシニアスタッフがすべてのクライアント様の業務に直接携わり、精鋭チームを統轄・管理していることだと自負しております。
BDWelsh & Co
2019-08-23T02:26:54+00:00
大企業クライアント様も当社をご選択下さっている理由は、経験豊富なシニアスタッフがすべてのクライアント様の業務に直接携わり、精鋭チームを統轄・管理していることだと自負しております。

当社スタッフは、大手会計事務所や大企業での経験があります。質の高い人材を確保していることがBDWelsh & Coの一番の強みです。そして、大手会計事務との最大の違いは、優れた質の高いサービスを首尾一貫して提供させていただいているところにあります。
BDWelsh & Co
2019-08-23T02:27:41+00:00
当社スタッフは、大手会計事務所や大企業での経験があります。質の高い人材を確保していることがBDWelsh & Coの一番の強みです。そして、大手会計事務との最大の違いは、優れた質の高いサービスを首尾一貫して提供させていただいているところにあります。
0
0
BDWelsh & Co
BDWelsh & Co代表ブライアン・ウェルシュ

責任感のあるサービス

安心の信頼感

価値創造

グローバル対応

豊富な経験と実勢

高品質なクライアントサービス

最新情報

クライアント様のビジネスに役立つ最近情報をお届けします。
  • 月次レポート2020年7月号

    2020年財政法改正案 (2020年措置第3号)、両議会で可決 2020年財政法改正案(2020年措置第3号)が両議会で可決、立法化されました。    資産の即時償却制度を延長 今回の法改正では、所得税法に改正が加えられ、年間総売上高が5億豪ドル未満の企業は、引き続き資産の即時償却が可能です( Instant asset write-off: 資産の即時減価償却制度) 。 
    Read More
  • 最新ビザ情報 2020年7月

    コロナ禍による2021年度ビザ発給予定枠への影響   コロナ禍の影響により、2021年度豪州連邦政府予算案の発表が2020年10月4日に延期されました。ビザを管轄する内務省を含めたすべての政府省庁は、連邦予算案で決定される各省への予算配分に依存しているため、この予算案の延期は各省庁に重要な影響が及んでいます。経済財政見通しについては、2020年7月23日に財務相より発表される予定です。
    Read More
  • 最新ビザ情報 2020年6月

    内務省からのビジネス及び雇用者へのCOVID-19 最新情報の概要 内務省が昨今、パンデミックの影響を受けている特定の業界、及び雇用者補助目的の情報を規定しました。これらはパンデミックによる影響から、オーストラリアの雇用者、そして特定の業界を回復させる補助手段として作成されました。 以下の分野が強調されています。
    Read More
  • 月次レポート2020年4月号

    新型コロナウィルス:政府が新税制を発表 オーストラリア政府は新型コロナウィルス(「COVID-19」)感染の世界的大流行に対応するため、数十億ドル単位の経済刺激策など、複数の経済的措置を講じています。 主な措置には以下が含まれます。
    Read More
  • 月次レポート2020年3月号

    裁判所がオーストラリア税務局(ATO)の外国税額控除に関する解釈を支持 ATOは、高等裁判所が連邦裁判所合議法廷による外国税額控除に関するATO勝訴を基本的に支持した判決を歓迎しています。 この裁判では、税務上のオーストラリア居住者が米国投資のキャピタルゲインについて米国税を支払いました。 その後、納税者はオーストラリアにおける課税所得のうち、基本的にキャピタルゲインの半分に課税されました(当該キャピタルゲインはオーストラリアでキャピタルゲイン税減額対象)。
    Read More
  • 月次レポート2020年1&2月号

    ATOは引き続きライフスタイル資産に注目 オーストラリア税務局(ATO)は、30社超の保険会社から船舶や競走馬、高価な自動車、飛行機などを所有する納税者についての保険情報をさらに5年分追加請求することを明らかにしました。 ATOは、データマッチング・プログラムの一環として、約35万人の納税者について2016年から2020年の間の所有財産関連情報の受領を期待しています。
    Read More
  • 月次レポート2019年12月号

    労働者への支払いに関する源泉徴収(PAYG)と控除申請 オーストラリア税務局(ATO)は、2019年7月1日以降、源泉徴収(PAYG)義務を満たしていない法人納税者は労働者に対する一部の支払いの控除が認められなくなると忠告しています。 源泉徴収に関する規則では、法人納税者が労働者に対するほとんどの支払いについて控除を申請するには、以下の通り所定の金額を源泉徴収しなければならないと定められています。
    Read More
  • 月次レポート2019年11月号

    高額所得者の年金保証 オプトアウト方式が法律化 2020年1月1日以降、複数の雇用主を持つ適格個人納税者は、意図せぬ税制優遇対象の拠出金限度額超過を回避するため雇用主による年金保証(SG)からのオプトアウト申請が可能となります。 該当する場合、オーストラリア税務局(ATO)の書式を用いて「SG雇用主拠出義務適用除外証書」の申請を行い、雇用主(複数可)のSG拠出義務を1年度当たり4四半期まで免除することが認められます。
    Read More
  • オーストラリアのバックパッカー税

    オーストラリアのバックパッカー税―「国籍による差別」 財政再建のため2017年1月1日に法律化された、いわゆるバックパッカー税により、バックパッカーの収入は37,000豪ドルまで税率15%、それ以上は通常の税率で課税されています。この税率は、ワーキングホリデービザ・サブクラス417と462に適用されています。
    Read More