大企業クライアント様も当社をご選択下さっている理由は、経験豊富なシニアスタッフがすべてのクライアント様の業務に直接携わり、精鋭チームを統轄・管理していることだと自負しております。
BDWelsh & Co
2019-08-23T02:26:54+00:00
大企業クライアント様も当社をご選択下さっている理由は、経験豊富なシニアスタッフがすべてのクライアント様の業務に直接携わり、精鋭チームを統轄・管理していることだと自負しております。

当社スタッフは、大手会計事務所や大企業での経験があります。質の高い人材を確保していることがBDWelsh & Coの一番の強みです。そして、大手会計事務との最大の違いは、優れた質の高いサービスを首尾一貫して提供させていただいているところにあります。
BDWelsh & Co
2019-08-23T02:27:41+00:00
当社スタッフは、大手会計事務所や大企業での経験があります。質の高い人材を確保していることがBDWelsh & Coの一番の強みです。そして、大手会計事務との最大の違いは、優れた質の高いサービスを首尾一貫して提供させていただいているところにあります。
0
0
BDWelsh & Co
BDWelsh & Co代表ブライアン・ウェルシュ

責任感のあるサービス

安心の信頼感

価値創造

グローバル対応

豊富な経験と実勢

高品質なクライアントサービス

最新情報

クライアント様のビジネスに役立つ最近情報をお届けします。
  • 月次レポート2023年8月号

    従業員への経費精算(Reimbursement)に対するGST控除の申請   雇用主は、事業活動において発生した経費を従業員に払い戻した場合、GST控除(ITC – Input tax credit)を請求することができます。 「経費精算」は、納税者(雇用主)が従業員に対し、従業員が負担した業務に関連する費用の全額、又はその一部の払い戻しを行うことです。 雇用主は、従業員に手当を支払う場合や、以下のような発生すると予測される費用(Notional expense)を支払う場合は、GSTインプットタックスクレジットを受けることはできません: Cents per km手当 出張手当 食事手当 「手当」は、納税者が従業員に対して、発生するであろう経費の予想額を支払うもので、もしその金額が実費を超えていても従業員に返済を要求することはありません。 納税者は、払い戻しを受ける購入品の領収書など、経費精算を立証するのに十分な証拠を保持することが求められます。 課税支給額の年間報告書(TPAR)の提出   ATOは企業に対し、以下のサービスを提供する請負業者への支払いについて、ATOに課税支給額の年間報告書(TPAR)の提出が必要あるか確認するよう呼び掛けています: (a)     建築および建設; (b)     清掃; (c)     宅配便および道路貨物; (d)    …
    Read More
  • 最新ビザ情報2023年9月号

    サブクラス408パンデミックストリームの終了  移民(コロナ禍のテンポラリーアクティビティ・サブクラス408ビザ)修正文書(LIN 23/061)2023年はLIN 22/046を修正し、それによってCOVIDストリームのこのサブクラスの新たな申請は2023年9月2日に終了、及び現行のパンデミックイベントビザ保持者の次のこのビザの新たな申請を2024年2月1日までとする。 この法規には以下の内容が含まれます。 2023年9月1日までに提出された申請は、引き続きLIN22/046の規定下にて審査されます。 有資格なこのビザの申請には2023年9月2日より申請料がかかります。 2023年9月2日以前に提出されたビザ申請は、ビザ有効期間は12か月間、そして、一時卒業生ビザ保持者には有効期間2年間が考慮されます。 2023年9月2日以降にビザ申請をする場合、28日以内に失効するパンデミックイベントビザ保有が必要です。 2023年9月2日以降提出のビザ申請は、最長6カ月滞在が考慮されます。 この法規は2023年9月2日にすでに開始されております。   留学生・ビザと順守事項 クレア大臣、オコナー大臣、オニール大臣は共同メディアにて留学生部門の多くの変更を発表しました。 必須貯蓄額の増額 2023年10月1日から留学生は資金源としての貯蓄が24,505ドルあることを証明する必要があります。 これは2019年以降の物価上昇と生活費の増加を反映し、現行基準からの17%増となります。 コース変更 政府はオーストラリア滞在期間が6カ月未満の留学生が、純粋な学習からオーストラリアへの就労を容易とする「同時入学」に変更することを可能とし、これをただちに施行しました。 適切で適任な人物 ハイリスクな教育機関への停止証明書は留学生への教育サービス法(ESOS Act)のs97下により発行されます。政府はビザ不認可率が50%を超える200以上ものプロバイダーを特定しました。 研修組織の管理または運営においてある程度のコントロールや影響力を行使する人物の適正、及び適切な人物の基準を強化する文書も発表されました。これらは国家VET資格の提供、及び審査をする組織の、管理または関与に対する国民の信頼度を高めることを目的としています。 全文は以下よりご確認いただけます。Ministers’ websites. 高齢者介護職への譲歩 内務省は、高齢者介護分野で就労する学生ビザ保持者は、2023年12月末まで労働時間制限の優遇を受ける資格があり、他の基準が全て満たされていれば雇用主の変更もできることを確認しました。   VETASSESS – 職人系職業の申請の一時停止 VETASSESSは、当局が現在手元にある申請の未処理分を処理可能とするため、2023年9月25日以降、以下の職人系職業の審査申請受付を一時停止すると発表しました。…
    Read More
  • 最新ビザ情報2023年8月号

    内務省による雇用者へのガイダンスの作成 オーストラリア内務省は、選択肢と目的の提示をした下記を希望する雇用主の、情報入手をより簡単にしました。
    Read More
  • 最新ビザ情報2023年7月号

    留学卒業生について オーストラリア内務省は移民法規変更を実施し、 それによってオーストラリアの高等教育機関の特定の留学卒業生の留学後の滞在期間延長が2023年7月1日以降可能となりました。
    Read More
  • 最新ビザ情報2023年6月号

    ニュージーランド人のオーストラリア市民権 2023年オーストラリア市民権(永住者)修正決定‐LIN 23/024 – F2023L00680は、ニュージーランド人特別カテゴリービザ(SCV)保持者に永住権を自動的に付与するものではありません。
    Read More
  • 月次レポート2023年6月号

    TaxTime – ATO の視点   税務当局から今年のタックスリターンにおける3つの重点分野が発表されました。 賃貸物件に係わる税控除 必要経費 キャピタルゲイン税 税務当局のTim Loh補佐官は、「ATOは引き続き間違いが多くみられる分野を優先的に取り組む」と述べました。
    Read More
  • 事業用2022/23年度末チェックリスト

    当事務所の法人クライアント様の多くが、事業年度末に税務上の位置付け(Tax Position)と節税対策の再検討を行っております。スモール・ビジネスの場合、年度末ごとのタックス・プランニングでは、通常、事業支出控除の加速と所得の繰延べが中核となります。
    Read More
  • 2022/23年度個人タックスリターンチェックリスト

    2022/23年度 個人タックスリターンチェックリスト チェックリスト 控除申請 控除申請するための領収書 自動車申請とログブック 以下の情報をご確認の上、ご相談のある方は弊社までご連絡ください。
    Read More
  • 最新ビザ情報2023年5月号

    2023年5月9日、オーストラリア政府は2022年の選挙以来初の完全な予算案を可決し、移民関連について変更が以下の通り発表されました。
    Read More