+61-2-9413-3860 info@bdwelsh.com   |     English     Español
+61-2-9413-3860 info@bdwelsh.com   |     English     Español

Category

ブログ
内務省からのビジネス及び雇用者へのCOVID-19 最新情報の概要 内務省が昨今、パンデミックの影響を受けている特定の業界、及び雇用者補助目的の情報を規定しました。これらはパンデミックによる影響から、オーストラリアの雇用者、そして特定の業界を回復させる補助手段として作成されました。 以下の分野が強調されています。   農業 内務省はSeasonal Worker ProgrammeやPacific Labour Scheme、或いはワーキングホリデーの特定の重要な就労者には、オーストラリア滞在延長について、柔軟な対応を可能とするとの事です。 Seasonal Worker Programmeでビザ失効間近の就労者は、Temporary Activity (subclass 408)ビザをオーストラリア政府の認可ストリーム(the Australian Government Endorsed Event (AGEE) stream)の下、申請する事ができる。 Pacific Labour Schemeで就労中のビザ失効間近な人は、新しく作られたTemporary Work (International Relations) (subclass 403) Pacific Labour scheme stream visaを申請する事ができる。 これらのプログラムにて、オーストラリアで現在就労中の労働者達は著しい特権として、通常の規定『一つの雇用者でのみ就労可』が免除され、複数の認可された雇用者間で転職可能となる。 更に、農業、老人介護、ヘルスケアなどの、重要な分野で就労中のワーキングホリデーメーカーらは、『一雇用者の下での就労期間は最長6か月間まで』の規定が免除され、Temporary Activity (subclass 408)ビザをオーストラリア政府の認可ストリーム(the Australian Government Endorsed Event (AGEE) stream)の下、申請する事ができる。   老人介護と老人ホーム 老人介護職の留学生は、通常の『2週間で最大40時間まで』という規定の就労時間を超えても就労ができる。これは、これらの分野に充分な労働者を確保することにより、COVID-19影響下の現状を乗り越えて行けるようにするものである。 認可された老人介護サービス提供者には緩和された就労規制についての詳細が与えられるが、これはすでに従事中の労働者がいる場合にのみ適用される。 COVID-19によるタスマニア州でのノミネーション条件緩和 COVID-19発生による影響については、それぞれの州政府が異なる手段を講じています。  タスマニア州は6カ月間のフルタイムでの就労条件を満たす前、或いは後にCOVID-19に実際に影響され雇用停止された申請者には、ある程度の柔軟な対応が適用されると発表しました。 この効果は、州のノミネーションの各申請が、その利点について考慮されると言う事です。また、その業界分野や、タスマニアのニーズに対して重要であるかなどを含め、検討内容に含まれるとのことです。…
Read More
新型コロナウィルス:政府が新税制を発表 オーストラリア政府は新型コロナウィルス(「COVID-19」)感染の世界的大流行に対応するため、数十億ドル単位の経済刺激策など、複数の経済的措置を講じています。 主な措置には以下が含まれます。
Read More
裁判所がオーストラリア税務局(ATO)の外国税額控除に関する解釈を支持 ATOは、高等裁判所が連邦裁判所合議法廷による外国税額控除に関するATO勝訴を基本的に支持した判決を歓迎しています。 この裁判では、税務上のオーストラリア居住者が米国投資のキャピタルゲインについて米国税を支払いました。 その後、納税者はオーストラリアにおける課税所得のうち、基本的にキャピタルゲインの半分に課税されました(当該キャピタルゲインはオーストラリアでキャピタルゲイン税減額対象)。
Read More
ATOは引き続きライフスタイル資産に注目 オーストラリア税務局(ATO)は、30社超の保険会社から船舶や競走馬、高価な自動車、飛行機などを所有する納税者についての保険情報をさらに5年分追加請求することを明らかにしました。 ATOは、データマッチング・プログラムの一環として、約35万人の納税者について2016年から2020年の間の所有財産関連情報の受領を期待しています。
Read More
労働者への支払いに関する源泉徴収(PAYG)と控除申請 オーストラリア税務局(ATO)は、2019年7月1日以降、源泉徴収(PAYG)義務を満たしていない法人納税者は労働者に対する一部の支払いの控除が認められなくなると忠告しています。 源泉徴収に関する規則では、法人納税者が労働者に対するほとんどの支払いについて控除を申請するには、以下の通り所定の金額を源泉徴収しなければならないと定められています。
Read More
高額所得者の年金保証 オプトアウト方式が法律化 2020年1月1日以降、複数の雇用主を持つ適格個人納税者は、意図せぬ税制優遇対象の拠出金限度額超過を回避するため雇用主による年金保証(SG)からのオプトアウト申請が可能となります。 該当する場合、オーストラリア税務局(ATO)の書式を用いて「SG雇用主拠出義務適用除外証書」の申請を行い、雇用主(複数可)のSG拠出義務を1年度当たり4四半期まで免除することが認められます。
Read More
オーストラリアのバックパッカー税―「国籍による差別」 財政再建のため2017年1月1日に法律化された、いわゆるバックパッカー税により、バックパッカーの収入は37,000豪ドルまで税率15%、それ以上は通常の税率で課税されています。この税率は、ワーキングホリデービザ・サブクラス417と462に適用されています。
Read More
労働者への「賃金の手渡し(キャッシュ・イン・ハンド)」は課税控除の対象外 オーストラリア国税局(ATO)は、2019年7月1日以降に「給料手渡し」で労働者に支払われたすべての賃金・給与について、課税控除の対象から除外することを公表しました。
Read More
STPの要件を理解する シングルタッチ・ペイロール(STP)は、雇用主の負担を軽減し、以下のような業務上の義務を明らかにし、コンプライアンスを容易にすることを目的とした制度です。
Read More
オーストラリア労働党(ALP)の主な税制改正案 2019年1月・2月 ALPの主な税制改正案の概略 Editor: 今後数か月間は総選挙が話題となると思われ、多くの評論家は政権交代を予想しています。今回の総選挙でも、税制が政策論争の焦点となっています。
Read More
1 2 3 4