+61-2-9413-3860 info@bdwelsh.com   |     English     Español
+61-2-9413-3860 info@bdwelsh.com   |     English     Español

Category

個人向け
タックスエージェントはお客様がBASやTax returnで誤って申告した内容によってきちんと訂正いたします。
Read More
国税局は近年、不動産セミナーへの出席に関連した経費控除の増加に懸念を示しています。 これらの費用はセミナーの費用だけではなく車や飛行機などでの旅費や宿泊費も含まれています。
Read More
先日NSW州の2014/15年度の予算案が発表されこれから4年間にわたり615億ドルが新しい道路、鉄道やトンネルの建設などのインフラにあてられることとなりました。
Read More
個人の税制について 一時的予算修正課税(Temporary Budget Repair Levy) 2014年7月1日から3年間にわたり、個人の課税所得が18万ドルを超える場合、その超過額に対して2%の追加課税が課される。実質的には最高税率が2%引上げられたことになる。例えば課税所得が30万ドルの個人納税者の場合、2400ドルの追徴課税が課されることになる。
Read More
年度末に向けて基本的に課税所得を減らす戦略は下記の通りです。
Read More
居住用の賃貸物件を持っている従業員はたくさんいるがほとんどは税引後の給与から投資物件の経費を支払っています。 しかしそれらの費用をサラリーパッケージという給与天引きで雇用主に税引前の給与から支払ってもらうことによって従業員はかなりの節税ができます。
Read More
よくあるGSTに関する疑問点は所有するホリデーユニットを賃貸で貸し出した場合、居住用住居として非課税になるのかもしくは商業用住居として課税されるのかということがあります。加えてその不動産の区分によって売却時に課税になるのか非課税となるのかにも影響があります。
Read More
遺言書はすでにお持ちでしょうか? ここオーストラリアでも相続税がないとはいえ十分なプランニングがない場合、相続人に多額の税金の負担を強いる場合もあります。ある調査ではオーストラリア人の45%は有効な遺言書をもっていないとなっています。 近年では遺言書の中に受益者のために遺産信託の設立を記すのは下記の利点のためますます通常となってきています。
Read More
オーストラリアでの不動産投資において最も重要なものの1つとして減価償却があげられます。投資物件に関して全ての減価償却を控除することはキャッシュフローに非常に大きな違いをもたらします。
Read More
1980年以前に施行されたオーストラリアの不動産はその建設において何らかの形でアスベストが使用されている可能性が高いようです。
Read More
1 2